緊急避妊が必要な時はこんな時!

緊急避妊(事後避妊)が必要になった時は、やはりセックスで避妊に失敗した後です。
しかし、具体的にどういったシチュエーションで避妊に失敗するのでしょうか。

避妊に失敗した後に何もしないでいると、望まない妊娠をしてしまう可能性が高いのです。
それを防ぐには、アフターピルについて認知していることと、アフターピルをあらかじめ手元に置いておくことではないでしょうか。

避妊に失敗するシチュエーション

・性行為中にコンドームが破れた、取れた
・低用量ピルを飲み忘れていた
・外出し(膣外射精)または中出し(膣内射精)した
・レイプ被害に遭った など

外出しは避妊方法として用いているカップルも多いのですが、実際は避妊具を使わないため、正しい避妊方法とは言えないでしょう。

コンドームは誤った使い方やペニスに対してサイズが合わないなどの問題があると、破損や着脱の原因に繋がります。

低用量ピルは毎日1錠飲むことで継続的に避妊効果を得るものですが、2日以上飲み忘れると、避妊効果が切れてしまい妊娠してしまう可能性が高くなるのです。

緊急避妊薬(アフターピル)は事前に購入しておこう

緊急避妊薬(アフターピル)は避妊に失敗したセックスから72時間以内に飲む必要があります。
72時間を過ぎてしまうと、避妊に成功する確率が急激に低くなってしまうからです。

アフターピルを取り扱っている病院を受診すれば、その場で処方してもらえますが、連休で病院が開いていない、近くにアフターピルを扱っている病院がないなどの不都合も十分あり得ます。

そういったトラブルを防いで無事に緊急避妊を行うには、事前にアフターピルを購入して手元に置いておくことが最善だと言えます。

通販サイトでは、いつでもアフターピルを購入することができます。
価格も病院処方に比べると格段に安いので、まとめて買っておくのも良いでしょう。